民進党は政権を取れるのか?

民進党について考えてみた。

前身の民主党自民党から政権を奪取するという歴史的な快挙を成し遂げた。

しかし、今は民進党の利益享受者しか支持者がいないのでは?と思わせるぐらい支持率が低い。

なぜ民進党の支持率が低いのか?それは民進党が語る内容から、民進党が想像する社会像が全くイメージできないことにあるのだろう。民主党の時は、色々な手当などで、生活が楽になるだろうという熱狂的な支持者でない人も社会像がイメージ出来て、民主党に投票するという行動に出た。しかし、現実は自民党が残したものを少し手を加えただけで、政権担当の経験がない分、不手際が目立ち、失政を繰り返すばかりであった。

s手も繰り出したが、結局は、民進党内の右寄りの人の意見が目立つようになり、野党なのに決められない政治を実践している。その時点で、国民は民進党に期待をしなくなる。自民党の政治を批判するのはいいが、では、どうするの?という問いには一切答えていない。民進党の社会像の理想がない分、どんな理想像があっての批判なのかが見えてこないのが痛いだろう。

別に、俺は民進党の支持者ではない。どちらかというと自民党の支持者。今の政治の方向性が、未来における正解の答えの1つであるかはわからないが、社会はチェンジしていかないと、機能不全に陥るだけ。強行採決と批判されても、社会をチェンジしていく自民党のほうが期待できるだろう。